全国TOP >> 千葉/観光 >> 成田 >> 千葉県立房総のむら

千葉県立房総のむら

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県立房総のむらとは

千葉県立房総のむら 江戸時代後期から明治の初期にかけての房総の伝統的な町並みや武家屋敷、農家等を環境を含めて再現している体験型の博物館。1年を通して数多くの体験が設定されており、1日に沢山の体験が並行して開催されているのが特徴。 体験・実演は、事前予約が必要なものが多いので事前に予約したほうがいいが、その分体験は非常に本格的。伝統工芸品の即売も行われている。また、「自然と歴史を学ぶ風土記のエリア」では、県内有数の古墳の数をもつ竜角寺古墳群を中心に整備されており、資料館では県内各地の遺跡から出土した土器などの考古資料、近くの印旛沼から発掘されたナウマン象の骨格模型なども展示している。
今週のランキング:34位 エリア:成田
ジャンル:見学 / 体験 /

概要

名称千葉県立房総のむら
(ちばけんりつぼうそうのむら)
営業時間9時〜16時30分
休業日月曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日は休館(土・日曜の場合は開館)
料金入館300円(企画展開催時は別途設定)
住所千葉県印旛郡栄町竜角寺1028
電話番号0476-95-3333

アクセス

JR安食駅→千葉交通バス竜角寺台車庫行きで8分、バス停:房総のむら下車、徒歩1分

成田で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

関連サイト

千葉県立房総のむらトップページ http://www.chiba-muse.or.jp/MURA/

千葉県立房総のむらトップページのサイトを確認する

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。