全国TOP >> 千葉/観光 >> 松戸・柏 >> 白樺文学館

白樺文学館

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

白樺文学館とは

白樺文学館 平成13年に開館した私立文学館、それが白樺文学館だ。こぢんまりとした3階建ながら、高級感ある凝った建物。このちいさな文学館に白樺派の文人たちの足跡や珍しい品々が展示されている。1階は資料室で、雑誌『白樺』や民芸運動機関誌『工芸』のバックナンバー等を収蔵展示している。2階の展示室には、文人の直筆原稿、書簡、ロダンの彫刻、バーナードリーチや棟方志功らの作品を展示。夏目漱石から直哉宛、また直哉から小林多喜二宛の書簡など、近代文学史上貴重な品々も多い。また地下には音楽室があり、アルト歌手として知られた柳宗悦夫人兼子の歌を聞くことができる。大正のゆっくりとした空気を味わえるステキな建物だ。
今週のランキング:281位 エリア:松戸・柏
ジャンル:見学 / 体験 /

概要

名称白樺文学館
(しらかばぶんがくかん)
営業時間10〜17時(入館は〜16時30分)
休業日月曜
料金入館200円
住所千葉県我孫子市緑2-11-8
電話番号04-7169-8468

アクセス

JR我孫子駅→徒歩14分

松戸・柏で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

関連サイト

白樺文学館 公式ホームページ http://www.shirakaba.ne.jp/

白樺文学館 公式ホームページのサイトを確認する

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。