全国TOP >> 千葉/観光 >> 千葉市 >> 大椎城跡

大椎城跡

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

大椎城跡とは

大椎城跡 大椎城跡は平安時代末期に造られたとされる城跡。東要と西要の2つに分かれる連郭式の城跡が珍しく、現在もその形状がよく残っている。房総を支配した平忠常が構えたと伝えられ、一門の千葉常兼が居城した。これが千葉氏発祥の地となったわけだが、彼の死後、子息・千葉常重が猪鼻城に居を移したことにより廃城となったという歴史をもつ。極めて保存状態のよい城跡なので、博物館などでみる復元模型などに飽きてしまった人は足を運んでみるのもおもしろいかもしれない。
今週のランキング:222位 エリア:千葉市
ジャンル:歴史的建造物 / 旧跡 /

概要

名称大椎城跡
(おおじじょうあと)
料金
住所千葉県千葉市緑区あすみが丘6丁目地先
電話番号043-245-5962

アクセス

JR千葉駅から千葉中央バス誉田駅行き「大椎本村」下車徒歩7分

千葉市で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。