全国TOP >> 千葉/観光 >> 市川・船橋 >> 小金中野牧の込跡

小金中野牧の込跡

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

小金中野牧の込跡とは

小金中野牧の込跡 小金中野牧の込跡は、元文年間に築かれたとさせる。この施設、何に使われたのかというと、野生の馬を軍馬と農耕馬に分けて捕らえるためなのだ。3つの野馬堤の囲いに、付近の村々から勢いを出して捕込場に野馬を追い込むというやり方をとっていたとか。現在でもこれらの囲いのうちの一つが完全に残っている。当時の人々の知恵を肌で感じられる史跡だ。
今週のランキング:369位 エリア:市川・船橋
ジャンル:歴史的建造物 / 旧跡 /

概要

名称小金中野牧の込跡
(こがねなかのまきのこめあと)
料金
住所千葉県鎌ケ谷市東中沢2-1-5
電話番号047-445-1141

アクセス

新京成電鉄北初富駅から徒歩10分

市川・船橋で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。