全国TOP >> 千葉/観光 >> 木更津・君津 >> 九十九坊廃寺址

九十九坊廃寺址

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

九十九坊廃寺址とは

九十九坊廃寺址 九十九坊廃寺址は、建築年代は八世紀最終末頃と考えられ、伽藍配置は法隆寺式と想定されている寺のあと。昭和8年の発掘調査で、三重塔とみられる塔跡が確認されて有名になった。土台に用いられている石材はいずれも凝灰質砂岩で、いわゆる房州石が使用されており、地元に密着した寺院であったことをうかがわせる。
今週のランキング:236位 エリア:木更津・君津
ジャンル:歴史的建造物 / 旧跡 /

概要

名称九十九坊廃寺址
(くじゅうくぼはいじし)
料金
住所千葉県君津市内箕輪191
電話番号0439-56-1422

アクセス

JR内房線君津駅からバス市内循環「八重原局前」下車徒歩5分 JR内房線君津駅からタクシーで10分

木更津・君津で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。