全国TOP >> 千葉/観光 >> 銚子・佐原 >> 香取神宮

香取神宮

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

香取神宮とは

香取神宮 香取の森にある武神を祭る社殿。紀元前の創建をも伝えられる由緒正しき神社だ。現在の本殿は1700年(元禄 13)に、犬公方でおなじみの徳川綱吉が造営したもの。一緒に造られた朱塗りの楼門には、軍人・東郷平八郎の額が掛かっている。また、右手に黄門桜が茂る。これは水戸光圀が自ら植えたといわれている。いずれも重要文化財。また宝物館では、神宮に伝わる海獣葡萄鏡などの美術工芸品や古文書を展示公開している。伊勢神宮が上参宮と呼ばれるのに対し下参宮といわれ、古くから人々に敬われてきた。大鳥居から神殿までの道は古代からの老木がうっそうとし、神秘的な雰囲気が漂っている。
今週のランキング:29位 エリア:銚子・佐原
ジャンル:神社 /

概要

名称香取神宮
(かとりじんぐう)
休業日無休
料金境内自由(宝物館入館300円)
住所千葉県香取市香取1697-1
電話番号0478-57-3211

アクセス

JR佐原駅→関鉄観光バス香取行きで15分、バス停:香取下車、徒歩すぐ

銚子・佐原で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

関連サイト

香取神宮 http://www.katori-jingu.or.jp/

香取神宮のサイトを確認する

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。