全国TOP >> 千葉/観光 >> 舞浜・浦安 >> 旧大塚家

旧大塚家

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

旧大塚家とは

旧大塚家 浦安は昭和中期まで漁業の町として栄えており、境川沿いには漁師町として栄えたころの建物が保存されている。漁業を行っていた旧大塚家は、江戸末期の建築とされる茅葺き屋根の木造平屋である。漁業に従事していた人々の家の中では比較的規模の大きいほう。この住宅の特徴は、屋根裏があり、土間と玄関の天井からあがれるようになっているということだ。ここに避難したり家財道具をしまうなど、たびかさなる洪水による被害を最小限にしようとしたもの。現在、室内には当時を再現した生活用具などが置かれている。県の重要文化財だ。
今週のランキング:222位 エリア:舞浜・浦安
ジャンル: / 旧邸 /

概要

名称旧大塚家
(きゅうおおつかけ)
営業時間10〜16時
休業日月曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日
料金無料
住所千葉県浦安市堀江3-3-1
電話番号047-354-5846

アクセス

東京メトロ浦安駅→徒歩10分

舞浜・浦安で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。