全国TOP >> 千葉/観光 >> 富浦・白浜・千倉 >> 石堂観音

石堂観音

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

石堂観音とは

石堂観音 文明18年(1486年)火災によって全山を消失し、50年ほどかけて再建、ほぼ現在の形になり、戦国時代には足利、丸、里見等の尊崇を集め足利三代を教養、関東天台の雄としてその名をはせている。室町後期建築の寄棟造の本堂をはじめ、薬師堂、多宝塔、本堂に安置されている本尊十一面観音立像などは国の重要文化財に指定されている。本尊は6年に一度開帳され、次回は平成21年3月10日〜4月10日の予定。ちょっと先だが、是非見に行きたい。
今週のランキング:298位 エリア:富浦・白浜・千倉
ジャンル:神社 / 寺院 /

概要

名称石堂観音
(いしどうかんのん)
営業時間9〜17時
休業日無休
料金境内無料
住所千葉県南房総市石堂302
電話番号0470-46-2218

アクセス

JR南三原駅→車10分

富浦・白浜・千倉で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。