全国TOP >> 千葉/観光 >> 富浦・白浜・千倉 >> 野島埼灯台

野島埼灯台

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

野島埼灯台とは

野島埼灯台 房総半島の最南端、太平洋に向かって突き出た岬に立つ野島崎灯台は、明治2年(1869年)にフランス人技師ウェルニーによって設計された、日本で初めての洋式灯台の一つ。関東大震災によって一度倒壊したが、大正14年(1925年)に再建され、現在に至る。開国した慶応年2年に欧米と建設を約束した八ヶ所の灯台の一つ。灯台の第1号が、観音崎灯台であり、その後、野島埼灯台、樫野崎、潮岬、佐多岬、剣崎などに洋式灯台が設置された。高さ28.98mの灯台で、ラセン階段で登って行くと展望台からは太平洋や遠く伊豆半島まで見渡せる絶好の眺め。また、灯台の下から岬にかけて遊歩道が整備された公園になっている。
今週のランキング:53位 エリア:富浦・白浜・千倉
ジャンル:展望台 /

概要

名称野島埼灯台
(のじまざきとうだい)
営業時間8時30分〜15時(20分間隔で運航)
休業日無休(荒天時は休業)
料金入場150円(野島埼灯台資料展示室きらりん館と共通)
住所千葉県南房総市白浜町白浜630
電話番号0470-38-3231

アクセス

JR館山駅→JRバス安房神戸経由安房白浜行きで34分、バス停:野島崎灯台口下車、徒歩11分

富浦・白浜・千倉で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。