全国TOP >> 千葉/観光 >> 館山 >> 館山市立博物館

館山市立博物館

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

館山市立博物館とは

館山市立博物館 戦国大名里見氏の居城跡である城山公園内に設立された、郷土の歴史民俗博物館。かつてこの地域の支配者だった里見氏をメインにした展示が特徴で、房総半島の先端で海とかかわりながら発展してきた安房の歴史を紹介している。天守閣をかたどった分館には、里見氏を題材にした『南総里見八犬伝』に関する各種資料の展示を行っている。日曜日と祝日にはインストラクターに手伝ってもらいながら、甲冑の体験着用も楽しめるのも魅力。また中世の安房国を舞台にした滝沢馬琴の大長編伝奇小説『南総里見八犬伝』をテーマに、歌川国貞の錦絵や辻村ジュサブロー作の伏姫人形などが見られる。ちなみに分館の望楼からは市街や館山湾が一望できる。
今週のランキング:139位 エリア:館山
ジャンル:博物館 / 資料館 / 滝沢馬琴 / 南総里見八犬伝 /

概要

名称館山市立博物館
(たてやましりつはくぶつかん)
営業時間9時〜16時30分
休業日月曜(祝日の場合は翌日)
料金入館150円
住所千葉県館山市館山351-2
電話番号0470-23-5212

アクセス

JR館山駅→JRバスフラワーパーク、伊戸行きで8分、バス停:城山公園前下車、徒歩すぐ

館山で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。